公開日:2024.04.05|更新日:2024.04.05

ドロップインとは?コワーキングスペース用語の意味やメリット、利用方法などを解説

ドロップインとは?

ドロップインの利用形態

ドロップインの利用メリット

ドロップインの利用デメリット

ドロップインの料金相場

フレキシブルオフィスなら WeWork

コワーキングスペースを利用する際によく聞く「ドロップイン」。本記事では、コワーキングスペース利用におけるドロップインとは何か、その利用形態やメリット・デメリットについて詳しく解説します。また、柔軟なオフィスソリューションでもあるWeWorkについてもご紹介します。

ドロップインとは?

ドロップインとは、コワーキングスペースや共有オフィスで、予約なしで利用することを主に指します。人気のある立地のコワーキングスペースでは、ドロップインでの利用者も多数見られ、コワーキングスペースにおける利用形態のひとつとして認識されています。以下、ドロップインとは何か、詳しく見ていきます。

ドロップインの利用形態

ドロップインの利用形態には時間貸しや日数貸しがあります。いずれも、都度料金を支払う方法が一般的です。自営業やリモートワーカー、出張者など、固定のオフィススペースを持たない人々にとっては便利な選択肢のひとつとなるでしょう。

ドロップインの利用メリット

では、ドロップインの利用メリットは何でしょうか。

当日利用ができる

ドロップインは、事前の予約なしでも当日利用が可能なため、急な打ち合わせや作業場所の確保に便利です。例えば、出張や旅行中に一時的な場所や印刷等の設備が必要になった際、一日だけドロップインでオフィススペースを利用し必要な作業を効率的にこなすといった活用ができます。簡単な利用登録が完了すればすぐ作業に取り掛かれ、利便性が高いと言えるでしょう。ドロップインは比較的柔軟な利用形態であるため、利用者の突然の予定変更や臨時の仕事がある際は特に重宝します。

好きな頻度で利用できる

ドロップインは、必要な時に利用することができるため、自分のスケジュールに合わせて柔軟に利用することができます。利用時に一定の料金を支払うことで必要なときにオフィススペースを使え、頻度が一定でない際も重宝します。フルタイムのオフィスを借りるよりも短期視点では経済的なことから、フリーランサーや起業家が初期段階で資金を節約しながら作業環境を確保するためにも利用される場合が多いです。

お試し体験ができる

初めてコワーキングスペースを利用する人にとって、ドロップインはお試し体験としても利用することができます。フリーランサーや起業家が本格的にオフィスを借りる前に、自身の作業スタイルやニーズに合った環境かどうかを確認できるため、月額会員になる前のオフィス選択の判断材料にも役立ちます。

必要な道具・設備が揃っている

ドロップイン利用時には、コワーキングスペースに備え付けられたプリンターをはじめとする設備や備品を利用することができます。ホテルのロビーやカフェで作業するよりも、静かかつ専門的な環境で仕事をしたい場合は、シェアオフィスのドロップインが適しているでしょう。必要な道具が揃っており、スムーズに業務に取り掛かることができます。

sssopen_ja

ドロップインの利用デメリット

一方で、ドロップインにもデメリットは存在します。ドロップインの利用におけるデメリットは何か、見ていきましょう。

かえってコストがかかる可能性がある

ドロップインの費用体系は、一般的には時間単位や日単位での利用を意図する場合が多く、頻繁に利用した際にはかえってコストがかかる可能性があります。そのため、長期的な利用を考える場合は、月額プランや会員制度などのオプションを検討することも重要です。ドロップインと月額会員での利用のどちらが適しているかは慎重に検討する必要があります。

場所の確保が必要

人口密度の高い都市やビジネス地区にあるコワーキングスペースは、需要が高く、混雑する傾向があります。ドロップインを利用するためには、利用可能なスペースが希望の拠点にあるかどうかをあらかじめ確認する必要も場合によっては出てくるでしょう。人気のある立地のコワーキングスペースでは、場所が埋まってしまうことも想定されるからです。

ドロップインの料金相場

ドロップインの料金相場は、場所や設備によって異なりますが、一般的には1日あたり数千円から数万円程度です。また、利用時間や追加サービスの有無によっても料金が変動します。対象地域や施設内の設備、提供されるサービスによっても相場は異なりますので、自分のニーズに合った施設を選ぶと良いでしょう。

WeWork では、共用スペースを拠点営業時間内のお好きなタイミングでご利用いただける「All Access Plus(オールアクセスプラス)」をご用意しています。月額 42,900円(税込)で、営業時間内に対象となる各拠点をいつでもご利用いただけるプランです。

 

フレキシブルオフィスなら WeWork

ドロップインは、急な予定変更や臨時の仕事がある際に便利な利用形態です。柔軟な利用が実現するため、自分のスケジュールに合わせて効率的に仕事を進めることができます。

仕事内容に合わせて色々なエリアでオフィススペースを利用する予定がある方や、個室オフィスが不要な方などには  特に WeWork のオールアクセスプラスがおすすめです。全国7都市約40拠点の共用エリアを利用することができ、さらに快適なオフィス環境を手に入れることができます。

その他にも、WeWork では柔軟性あるさまざまな利用プランを提供しています。プランを組み合わせたり、ビジネスに合わせた柔軟な利用ができるため、事業の成長に合わせオフィスを拡大したり縮小することができます。

詳細はぜひ一度お問い合わせください。リモートワークや起業、出張、フリーランスに最適なプランを揃え、皆様をお待ちしています。

・本記事の内容は、公開日時点の情報をもとに作成しています。

 

お問合せ

お気軽にお問合せください。以下の情報をご記入ください。
0/1000

個人情報のお取扱いに同意します。

個人情報のお取扱いに同意します。

3分でわかる WeWork

3分でわかる WeWork

WeWork を知らない人はまずこちらを

sssopen_ja
3分でわかる WeWork

3分でわかる WeWork

WeWork を知らない人はまずこちらを

カテゴリーから探す

イベントレポート

一覧を見る ➝