公開日:2022.04.18|更新日:2022.05.09

WeWork と一般的な賃貸オフィス、他のシェアオフィス・フレキシブルオフィスとの違いとは

WeWork と一般的な賃貸オフィスとの違い

WeWork と他のフレキシブルオフィスとの違い

WeWork と一般的な賃貸オフィス、他のシェアオフィス・フレキシブルオフィスとの違い まとめ

数百名規模で本社オフィスをお探しなら WeWork

すべての人がいきいきと働く環境と、効率的なオフィス運用をかなえるフレキシブルオフィス、WeWork 。一般的な賃貸オフィスやシェアオフィス、他のフレキシブルオフィスとは明確な違いがあります。一体どんな違いがあるのでしょうか?

詳細はこちらの資料でもご確認いただけます。

WeWork と一般的な賃貸オフィスとの違い

一般的な賃貸オフィスは、数年単位で固定の床面積を契約し、契約した区画のみを利用できます。定期借家契約の場合は原則として中途解約ができません。入居前には内装工事・インフラ設備を別途用意する必要があり、移転にかかる工数・費用が大きいです。

一般的な賃貸オフィス入居時のイメージ

sssopen_ja

一方、WeWork は一般的な賃貸オフィスに比べて柔軟な契約形態であることが特徴です。月単位という短期から契約でき、床面積もフレキシブルに拡張・縮小が可能です。契約プランによっては複数拠点を横断して利用することも可能です。さらに内装・インフラ設備を完備しており、少ないリスクと簡素な手続きで簡単に WeWork へ移転できます。

WeWork 専用オフィス例(電気、空調、机や椅子などを完備)

3分でわかる WeWork

3分でわかる WeWork

WeWork を知らない人はまずこちらを

WeWork と他のフレキシブルオフィスとの違い

WeWork は築浅で好アクセスな大型ビルを中心に拠点を展開しています。セキュリティや耐震などの安全対策・事業継続(BCP)対策はもちろん、ビルの商業施設も充実しています。一般的なシェアオフィスやフレキシブルオフィスで、このような好立地のハイグレードビルに集中的に拠点を展開することは多くありません。

ハイグレードビル一例

また開放的な共用エリアや、大規模サイズの個室を有し、床面積が大きいことも WeWork の特徴です。床面積の少ない一般的なフレキシブルオフィスは、小規模のスタートアップ向け、または企業のサテライトオフィス利用に限定されてしまいます。一方、WeWork は1拠点に数百名以上の規模で入居することも可能で、大企業・上場企業が支店・分室・サテライトとしてだけでなく本社として利用する例も増えています

共用エリア例

共用エリア例

WeWork と一般的な賃貸オフィス、他のシェアオフィス・フレキシブルオフィスとの違い まとめ

内容をまとめると、WeWork はオフィスとして以下のようなイメージです。中小企業(SMB)であっても、数百名規模の会社(エンタープライズ)であっても、ハイグレードビルに入居しながら、月単位でオフィスを運用できることが  WeWork の特徴です!

契約内容や利用人数によって最短契約期間が異なります。

数百名規模で本社オフィスをお探しなら WeWork

sssopen_ja
3分でわかる WeWork

3分でわかる WeWork

WeWork を知らない人はまずこちらを

カテゴリーから探す

イベントレポート

一覧を見る ➝